旅に出るとそのとちその土地の食べ物、祭り、温泉に出会える。あなたの旅や家族のイベント、お二人の記念のお手つだいができればと思ています。

2006年08月01日

塩原温泉に足湯施設「湯っ歩の里」がオープン 

塩原温泉に足湯施設「湯っ歩の里」がオープン 

8月6日まで無料開放


市などが塩原温泉に建設した足湯施設「湯っ歩の里」がオープン


「湯っ歩の里」は回廊式で総延長六十メートル、幅一・五メートルの

国内最大級の足湯がメーン。


施設は木造一部二階の平屋建てで床面積約八百六十平方メートル。

足を浸すだけでなく、底面に敷かれた石の上を歩くことでつぼを

刺激して療養でき、温泉が飲める「飲泉堂」や湯滝、鏡池なども

整備されている。


明賀屋本館

〒329-2921
那須塩原市塩原353

JTB じゃらん


ホテル明賀屋

〒329-2921
那須塩原市塩原270

JTB じゃらん

posted by 番頭 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月31日

夏の温泉

夏には、山や海の温泉地に行こう

山の温泉地では、100メートル高くなるごとに気温が0.6℃ほど下がり
海の温泉地では、海風が涼しく、波しぶきの多い海浜ではマイナスイオンが多いので涼卒が得られます。


樹葉の多い温泉地では、茂った葉が太陽光線を約80%カットするので涼しさを卒じますし、木陰が涼風を呼び、滝、渓流など水しぶきの満ちるところは、マイナスイオンが多いので清涼卒を続えます。


夏向きの温泉泉質は、アルカリ性単純泉、炭酸水素塩泉などです。昔からこの泉質は「冷の湯」と言われてきました。皮膚の脂肪や分泌物を乳化して洗い流し、石鹸のように皮膚を清浄にするので、体温が発散して清涼卒を続えます


肌がなめらかになるので「美人泉」と言われますが、浴後、保湿剤でスキンケアしないとかさつきます。飲泉は、胃散と呼ばれる薬のように胃の調子を良くします。温泉入浴は、「ほんのり汗が出たら出浴して休息」を1セットとして1日4セットまでが最適


滞在中は宿にこもらず、屋外でその土地の空気や光を浴びて過ごします。ただし、紫外線の強い午前11時から午後4時までの間は、森林浴など木陰で過ごしましょう


弱アルカリ性低張性温泉


水上高原プリンスホテル

〒379-1792
利根郡水上町水上高原上の原温泉

JTB じゃらん 一休.com


弱アルカリ性単純温泉


下田プリンスホテル

〒415-0012
下田市白浜海岸

JTB
posted by 番頭 at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 季節の温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。